どんなネットワーク?

こだわりの技術

 見学お申込み・お問い合せ
 

 




私たちはこのネットワークを通じて、「快適な住まい」を「より環境に良い方法」で住まいを提供しています。 私たちが住む福岡の森の「木材」を使用することで輸送におけるCO2を大幅に減らすことが出来ます。 何より、これまで福岡の森を守り続けてきた地元の林業を支え、私たちの製材技法、建築技法を用いて「快適な住まい」として福岡の皆様に有効活用していただけたら
と思っています。 また私たちの地元の森を守るための活動も行っています。
これは地域の活性化と美しい里山の保全に繋がるものだと信じています。

「耳納杉」とは、福岡県中央部にある耳納連山の北斜面で育った杉のことをいいます。特徴は年輪が細かく強度と粘りがあるのでとても良質な建材になります。

森林組合が地元の山から良質な「原木」を伐り出します。
製材所では「原木」を乾燥した後、製材し「板」や「角材」に加工します。
設計士や職人によってその木材は厳選され「家」の建材となります。



近年国産材が見直されつつありますが未だ外国産「木材」が主流の現在「林業」「製材」「建築」 この一連のつながりは非常に浅くなっています。 

森林組合が「地元」の山から「木」を切り出します。「木」は「丸太」になり製材所に運ばれます。製材所で「丸太」は樹皮をはがれ、「板」「角材」として切れれます。その「材木」は職人さんによって選ばれ、建材として家の一部となります。

一般的に外国産「木材」が主流の現在、「伐り出し(原産地)」「製材」「建築」 この一連のつながりは、無くなりつつあります。つまり、「この家の木材はどんな木?」「どこから来たの?」 というある意味不思議な、「顔の見えない」世界が成り立っています。
これは「住まい手さん」だけではなく、「現場の人」もそうだったりするのです。

「顔の見える家づくり」
とは、「この家はどこの森の木で、どこで建材にし、だれが建てたの?」 という住まい手さんの疑問を解決することができます。

そこで私たちは「顔の見える家づくり」つまり、かつてその土地内で家をまかなっていた時代の様に山に育つ木が家になるまでを総括的に考えようとこのネットワークをつくりました。

またこのネットワークを活かし、「住まい手」さんが要求される木材の供給を
「森林組合」または「製材所」に求めることできます。

「住まい手」さんの気に入った樹木を家の適した場所に木材として使い、家のその場所のために「適している樹木」を製材する。適した樹木の供給のためにも新たに「植林」する。
「住まい手」さんのニーズによって、「住まい手」さんにとっても「各現場」にとっても良いサイクルが生まれます。

 

【森林組合から見て】

【製材所から見て】

【建築現場から見て】

求められる原木が明確になり森づくりに応用が出来る。

建材の使用方法が明確になり現場の要望を把握できる。

建材の特徴を熟知しトラブルの少ない効率の良い建築が出来る。

「木材」の品質管理の向上
「製材」の品質管理の向上
「住まいの品質管理の向上


■住まい手さんの利点へ■

3者の協力により、3者の目の行き届いた「良い木の家」を手に入れることができます。
住まい手さんが安心できる「家づくり」につながります。

 

 


「耳納杉」産直ネットワークに興味をもたれましたら、お気軽にお問い合せください。
  あなたに合った家づくりをあなたが納得のいくかたちで進めていきます。

「耳納杉」産直ネットワーク への お問い合せは 福中協 (福岡中小建設業協同組合) まで
  TEL 092-621-7035 FAX 092-621-5788

浮羽森林組合 株式会社 堤木材 福岡中小建設業協同組合
うきは市浮羽町朝田381-5
TEL 0943-77-2158 FAX 0943-77-6017
福岡県うきは市浮羽町浮羽568-1
TEL 09437-5-2490 FAX 09437-5-4690
福岡市東区社領1-2-9
TEL 092-621-7035  FAX 092-621-5788
http://www.ukiha-forest.com http://www.yutakahouse.com/tutumi_mokuzai/ http://fkchk.net/

 

Copyright (C) Minosugi Sanchoku net. All Rights Reserved.